肌に良い成分

肌に良い成分とは?

化粧品などを見てみると「○○配合」と聞いた事のない成分が
入っていたりする事があります。
コラーゲンやヒアルロン酸もここ数年で出てきたものです。
肌に良い成分とはどういった成分があるのかたくさんあって良く分かりませんよね。

 

 

肌に良いとされている成分について調べてみました。

 

 

肌に良い成分

コラーゲン

肌の真皮部分にある存在しているもので線維状のタンパク質になります。
コラーゲンが不足する事により、シワの原因になったりします。

 

 

ヒアルロン酸

コラーゲンの間にあるゼリー状の基質が水分を抱えながらあります。
みずみずしい肌には欠かせないもので、コラーゲンと常に対として考えられる事が多いです。

 

 

エラスチン

コラーゲン・ヒアルロン酸とともに真皮に存在しているもので、
肌の弾力には欠かせない存在です。
コラーゲンが含まれる食材を摂取しているとほとんどの場合エラスチンも摂取出来ます。

 

 

コエンザイムQ10

心臓、肝臓、膵臓、腎臓などに多く含まれているものであり、
抗酸化物質として注目されています。
肌に良いだけではなく健康食品としても摂取する場合があります。

 

 

スクワラン

皮膚細胞で生成され、その多くは皮脂となって肌に存在しています。
皮脂というと脂っこく必要ないイメージがありますが、皮脂により肌の乾燥や
空気中の雑菌などから肌を防ぎ、肌を守る効果があります。
乾燥しやすい肌の人は注目した方がよい成分になります。

 

 

ビタミンC

コラーゲンの合成に必要不可欠なものになります。摂取してもその多くは
体外に排出されてしまうため、積極的に摂った方がよい成分です。

 

 

レチノイン酸

レチノールというビタミンAの誘導体のことをレチノイン酸と言います。
誘導体にすることで皮膚内で酵素と反応し、ビタミンAへ還元されやすなっています。
レチノール自体はピーリング効果があり肌のターンオーバーには良い成分となっています。

 

 

他にも様々な美容成分が出てきています。
分からなかったら購入する前にどういった作用があるのかを
確認してから購入するようにしてみましょう。