肌 糖化

肌の糖化とは?

肌の糖化という言葉を聞いたことがありますか?
肌の酸化や老化というのは聞いた事があると思いますが、
糖化というのはなかなか聞きなれない言葉だと思います。

 

 

糖化と言う現象はたんぱく質を糖が結びついておこる現象の事で
例えば、パンを焼いたときに表面が茶色くこげて固くなったりします。
また、炊飯器で炊いたご飯を保温にしておくと、黄ばんで固くなったりするのを
見たことがあると思います。これらも糖化の現象なんです。

 

 

糖化の現象は肌に起こっており、糖化により生成された物質・糖化生成物(AGEs)は
ゆっくりと蓄積されていきます。
肌のターンオーバーが正常に行われている場合は、糖化生成物は
外に押し出されてなくなりますが、段々と肌のターンオーバーが鈍くなってくると
肌のハリがなくなってきたり、くすみが目立ち始めてきます。

 

 

肌の糖化を起こさないためには、運動を行う事が良いとされています。
もちろん糖の摂取自体を少なくすればよい、と考えられるかもしれませんが
糖というのはいろいろな食材に入っており、摂らないようにするのはとても難しいです。

 

 

運動をする事により、糖分を燃焼していけば、体の中の糖分も減っていきます。

 

 

運動不足の人はちょっとした運動から始めてみましょう。
糖化防止が出来、さらにダイエットや運動不足解消にもなります。